2019年03月11日

外部講師を招いての練習会

3月9日(土)は、外部講師を招いての練習会を開催しました。講師を務めてくれたのは、クレーマージャパン社のH氏。スポーツウェアやトレーニング用品を製作販売している会社で、TFCの賛助会員にもなっていただいており、チームTシャツはクレーマー社で作ってもらっています。H氏は昨年度まで、山形県内の私立高校で陸上部の顧問を務めていて、県の強化合宿や国体チームのコーチもしていました。自身も短距離と走幅跳の選手として、つい最近までトップ選手として活躍していた方です。
1月にも日曜コースのメンバーを中心に教えてもらって、今回は2回目です。今回は、寒河江の陸上クラブからも10数名参加をしてくれました。五十嵐は同じ時間帯で山形市陸協の総会が行われていて、そちらに出席するために初めの集合で挨拶をして退席してしまいましたが、みんな一生懸命指導を受けていたと報告を受けました。今回習ったことを一つでも継続していくと、きっと力になりますよ。

市陸協の総会の後に、各種表彰を受けた皆さんの祝賀会も行われました。
何と、わがTFCの冨樫事務局長と武田クラブマネージャーも同時受賞で主賓だったんですよ。

証拠写真です。
受賞祝賀会.JPG

冨樫事務局長は日本陸連から「安藤百福章」、これは長年にわたり小学生への陸上競技の普及に多大な貢献を続けている人に贈られる賞です。
武田クラブマネージャーには、山形陸協から「特別表彰」これは、全国大会で優勝した選手の育成にかかわった指導者に贈られる賞で、TFCファミリーである茨木凛さんが全国優勝を果たしたことでの受賞です。

TFCにとってとても誇らしい受賞でした。これからもこれを励みにしてみんなで頑張っていきましょう。
posted by 理事長 at 20:28| Comment(0) | 日記

2019年02月28日

矢澤選手の講演会・クリニック

 24日(土)はTFC4大行事の最後を飾る「スポーツ講演会」を開催しました。今回は、110mHでリオ五輪に出場した矢沢航選手をお招きできました。中学校・高校・大学・社会人と各年代で日本一になる輝かしい実績を持っている矢澤選手ですが、その陰には、多くの困難や挫折があったのです。どんな挫折をどのように乗り越えたのかは、実際に聞いた人がどうとらえたかにかかっていると思いますので、ここでは触れないことにします。

 講演会は昨年同様に、事前に寄せてもらった質問などを、武田クラブマネージャーが代表して矢澤選手との会話のなかで進めていくトークショーという形をとりました。一方的に話を聞くよりも、一つ一つ言葉のキャッチボールをしながらなので、とても具体的でわかりやすい内容になりました。質疑応答にもたくさんの追加の質問もあって、参加したアスリートたちも主体的に聞いていたことが伺えました。実は、宮城県の仙台市や岩手県の北上市からの参加者もあったんですよ。遠くまで出かけてでも何かを得ようという意欲と行動力は見習わなければなりませんね。

 講演会の最後には、恒例のお楽しみ抽選会、わずか5名の幸運な参加者には、その場で書いてもらったサイン入りのカードが渡されました。

 午前中には小学生たちにかけっこ指導をしてもらいました。約40名に対して、とてもフレンドリーに、しかしポイントを押さえながら教えてくれました。一緒に動いてくれたので、子どもたちにとっては素晴らしい経験になったはずです。ここでも最後はお楽しみ抽選会、直筆サイン入りのTシャツが2人のラッキーボーイズに渡されて、みんなからうらやましがられていました。きっと宝物になるでしょう。

 シーズンに向けてトレーニングの忙しいところ、わざわざ山形まで来ていただき、ジュニアの子どもたちに大きな贈り物をしていただいた矢澤選手には感謝のことばしかありません。現在「つや姫」を食べているそうで、山形との縁も感じているところです。

 矢澤選手の今後の活躍を、みなさんと一緒に応援していきましょう。教えてもらったことを実践していって、大きな大会で矢澤選手にまた会えたら最高ですね。
posted by 理事長 at 17:39| Comment(0) | 日記

2019年01月04日

年頭のごあいさつ

 皆さん、あけましておめでとうございます。

 年末年始はどのように過ごしていましたか?身体がなまっている人はいないでしょうか。年賀状を書いたり、初詣に行ったりして新しい年の目標を立てたり確認したりできましたか?TFCもどんどん進化を続けたいと考えています。ちなみに五十嵐が引いたおみくじは、久しぶりに「大吉」でした。

 さて、今年は「亥年」、実は五十嵐も何度目かの年男です。
干支でいうと「己亥(きがい・つちのとい)」です。どんな意味を持つのか調べてみました。

 「己」には、梢の先から新芽が出てきて「起こる」という意味と、「己を正す」という意味を含んでいるそうです。

 一方「亥」は「核」に通じており、植物が実り堅い「たね」が実の中にできる様子を表しているそうです。そしてその「たね」の中に爆発的なエネルギーが凝縮・蓄積している状態を示しているそうです。

 TFCの活動に当てはめてみると、「これまで積み重ねてきたものが、十分に蓄積されて、次なるステップに進める段階にきているが、TFCの存在意義や活動理念を再確認する中で、身を正しながら足元を固めていく年」ということになりそうです。

 今年TFCは、クラブとしての活動を開始してから15周年、NPO法人格を取得してから5周年の節目の年を迎えました。今後30年、50年、100年と継続していくクラブを目指し、襟を正して進んでいきたいと思います。

 皆さんにとってもいい年になるように、一緒に頑張っていきましょう。
posted by 理事長 at 10:46| Comment(0) | 日記

2018年12月19日

平成最後の師走もあとわずか

 12月も半ばを過ぎて、いよいよ年末が近づいてきました。TFCの活動日も、週末が今週末まで、平日も26日までで年内終了となります。

 先日、スタッフ会議を開催して今後の予定などをさまざま話し合いました。まず、23日(日)には練習会場を移動して室内で行うことになります。これは、今年のように競技場の占有が続いて、練習会が開催できない状況を何とかしようということで、別の会場として1度使用してみることにしたものです。利便性やスペースなどを今回の練習で確認したいと思います。

 また、1月と3月に外部講師を招いての練習会を行います。私たちスタッフの勉強にもなりますし、皆さんにとってもいつもとはちょっと違う指導法の中で、多くのものを学べるはずです。

 さらには2月にオリンピック選手の矢澤 航氏(デサント所属)を講師としての「スポーツ講演会」を開催します。小学生にはクリニックもお願いしているところです。日本のトップアスリートの話を直接聞くことができる貴重な機会になります。

 競技場には現在積雪はありませんが、冬の間は大会やトライアルデーもなく、活動場所も限られてきます。でもTFCでは、さまざまな取り組みを準備して、皆さんが継続して意欲的に練習していくことができるように工夫しています。

 実は、先週末の練習会では、キッズとファンダメンタルを合同にして、日曜日にはいつもと違うグループ分けで練習を行いました。レベルアップとアドバンスも、一緒のメニューが増えてきました。これも冬の単調さを打開しようとする策の一つです。

 ぜひ皆さんには、私たちの仕掛けに乗っかってきてほしいと考えています。皆さんの活動の様子を見て、また次のアイディアも浮かんできます。

 インフルエンザも流行の気配です。体調には十分留意して、年末まで休まず頑張りましょう。
posted by 理事長 at 18:40| Comment(0) | 日記

2018年11月28日

久しぶりの日曜練習会

 25日は久しぶりの日曜練習会でした。大会やイベントで日曜日にグランドが使用できない週がずっと続いていました。さかのぼってみると前回が9月23日に開催してからですので、実に2か月間も空いてしまいました。クラブとしても活動開始以来の状況でした。もちろんTFCのイベントに参加したり、平日練習に参加をしているメンバーは顔を合わせていましたが、Aコースの人たちでイベントにも参加できなかった人たちは、待ちに待った練習会の開催でした。幸いに秋晴れとも言える素晴らしい天気の中、予定していた今年最後のトライアルデーを実施できました。今回自己ベストを更新した人もいて、本当に良かったと思います。来年度も同じような状況なら、他の施設を使用するなどの対応も考えたいとスタッフで話しているところです。

 11月11日には「絆チャレンジ2018」も開催できました。やや風の強い時間帯もありましたが、天候もよく、集まった12チームはさわやかな汗を流しました。今年度は賛助会員からの景品提供が多く、全チームに賞品を贈ることもできて、閉会式まで皆さんの笑顔が絶えないイベントとなりました。皆さんの力走のおかげで、東日本大震災の支援団体に12,600円寄付することもできました。このチャリティイベントも今年で6回目、寄付総額は合計で91,350円にのぼりました。これからも続けていきますので、来年度も多くのチームの参加をお待ちしています。

 今週末は12月、すでに初雪も降って本格的な冬も近づいてきました。練習会の後半組の最後に話しましたが、この冬の取り組みが、来シーズンのパフォーマンスを決定すると言っても過言ではありません。練習会もほぼ毎週開催できそうです。おおいに利用して力をつけてほしいと思います。寒さに負けず頑張りましょう。
posted by 理事長 at 18:05| Comment(0) | 日記